通訳案内士試験対策で活躍してくれた参考書シリーズ②【もういちど読む 山川日本史】

通訳案内士試験の邦文3科目のうち、1番対策しやすいのが日本歴史ではないかと思われます。
そして、出題内容のすべてがこの一冊に!そうです。私たちの懐かしの教科書、『山川日本史』に帰ってくるときが来ましたよ。

山川日本史といえばこの色!
山川日本史といえばこの色!ですよね。

まずは邦文試験に共通する困った件からどうぞ。

邦文各科目は全40問マークシート式。まずこのマークシートが難敵です。横に広い形をした楕円形でして(普通は縦長では)大変に塗りづらく時間を取らせます。

また、問題用紙はB4タテ両面×2枚と、これまた扱いづらい。試験中、狭い机の上でばっさばっさの大騒ぎですよ(若干大げさに表現しております)。

そして、最大の難はコレ。
問題も選択肢もマークシートも全てが「数字」であるということ。
例えば、『問題:大問6 (1) 選択肢番号①〜⑤ 解答マーク欄:31』という具合です。

マークミスを誘発するほどの大事ではないですけど、マーク時に「31番は3、32番は1…」なんてやっていると、じわじわとストレスにやられていきます。選択肢をアルファベットにしてくれよ!と魂の叫びが止まりません。しかもマークは前述の塗りにくい横楕円。「お・も・て・な・し」!!

いかに巷の大学入試問題やTOEICなどがよく構成されているかを思い知ることうけあいです。

あ、それで山川日本史の話でしたよね。つい熱くなってしまいました。本題に戻りましょう。

山川日本史からほぼでる。覚えて過去問を解けばよいのだ。

早い話がこういうことです。

ここ数年間、全40問中、最後の10問が写真問題です。
写真は5つ。それぞれ①名称と②関係する出来事や人物など を答えます。
写真5つ×各2問=計10問です。

今年度の問題では写真5つ中4つが山川日本史に掲載されている写真からの出題でした。
しかも、そのうち2つは巻頭のカラー写真からです。

鮭・黒き猫・・そのまんまかい!と眺めたら幸運が。
鮭・・・黒き猫・・そのまんまかいっ!と眺めていたら幸運が。

ワタクシは試験直前の休憩時間にその巻頭カラーを見ていたおかげで『黒き猫』菱田春草 作 を答えることができたというラッキーがありました。

同じく巻頭カラーには出題された『荒神谷遺跡』もあったのですが、「歴史は飛鳥時代より前はほぼ出ない」という、どこかで耳にしたウワサを信じ、飛ばしてしまいました。
そのため、問題を見たとき、「今さっき見たやつだよ!知らんけど!!」ともんどりうちました(心の中で)。ウワサは鵜呑みにしてはいけませんね。

飛鳥時代より前も出ます。以上。
飛鳥時代より前も出ます。以上。

見事に荒神谷遺跡については2問とも不正解でしたが合否に影響なしです。そうです。6割取れればいいんです。

おなじみ空也上人像もしっかり載ってます。
おなじみ空也上人像・蒙古襲来図もしっかり載ってます。

難問珍問は無視。文化史・年表中心に固めれば6割は取れる。

平均点が6割(以下)になるように問題が作られているため、結構な割合で難問・珍問と思われる問題が織り交ぜられています。

しかし、逆に言えば基礎部分を固めておけば、6割〜7割は取れる試験だと思います。難問・珍問はロト6だと思って塗ればたまに当たってますし。

特に文化史の比率が高いと思うので、文化は写真・所在地とあわせて重点的に抑えておくと良いと思います。
年号の選択肢を1年刻みで問うてくるような珍問に備えることより、通訳案内士としてこれは必要な知識だ!という視点で勉強することのほうが大切だと思います。

あとは通訳案内士試験ということで、日本史に関わる外国人名や開国のあたりなどが頻出のようです。今年度はプチャーチンでした。

これでぜひクイズ大会を〜。
年表でぜひクイズ大会を〜。

巻末の年表は、出来事と天皇・将軍名などを抑えるのに便利です。ワタクシは家族に年表クイズを出してもらう方法をとりましたが、とても有効でした。独学者は会話で覚える機会が少ないと思いますが、「人とのやりとり」は強く記憶に残ります

覚えながら、過去の問題を数年分解いてみれば、だいたい6割は取れるようになるのではないかと思います。
過去問はこちら(日本政府観光局のウェブサイト)に掲載されています。

ということで、日本歴史試験対策に最強の『もういちど読む 山川日本史』(と若干の愚痴)でした!

・・・え?教科書ならそりゃ全部載ってるだろうけど、これだけじゃ覚えにくいしつまらない?
では、次回はそんな貴方におすすめの素晴らしいサイトをご紹介することにいたしましょう。

Pocket