ブロークン英語矯正の処方箋となるか?!NHKラジオ「英会話タイムトライアル」

ワタクシ過去に英検準1級の2次試験で一度不合格を経験しまして、先日の通訳案内士試験の2次試験でも不合格となりました。英検はその後、対策本で練習し2度目でなんとか合格しましたが、採点は決して芳しいものではありませんでした。

いずれも合格率が80%近い口述試験に落ちるということは、少なからずスピーキングのスキルが低いということが言えます。

しかも困ったことに、英検にしろ通訳案内士にしろ、試験が終わったときにはそれほどできなかったという自覚がないのです。それどころか、「いけたんじゃないか?」と思ってしまったくらいです。

この激しい勘違いの原因は、「コミュニケーションの成立=試験がうまくいった」と思ってしまうことにありました。言いたいことが伝わって、試験官との会話が成立したからといって、それはイコール語学力ではないわけです。

そこで、この問題を解決するのにうってつけと思える番組を見つけたので、自分が体験する前ですがご紹介します!

「日本人は正しい英語にこだわるから話せないんだ」説の功罪

根本的な原因は、自分が英語を話すときに無意識に入る「言いたいことが相手に伝わりさえすればよい」というモードです。

「日本人は正しい英語を話さなければならないと考えるから英語を話せない」なんてよく言われますが、昔ワタクシはそれを真に受けて、思いついた英語をとにかく発してみるようになったわけです。

確かにこれには一定の効果があり、まず英語を口から発する度胸は身につきます。コミュニケーションの成立をゴールとするなら良いかもしれません。海外一人旅くらいはできるようになります。しかし、この姿勢ではいつまでたっても「単語を並べて話が通じるレベル」から抜け出せません。

そうなのです。本当に英語を習得するためには、やっぱり
正しい文法にこだわって、正しい英語を話さなければならない」のです。
そのために、時制も複数単数も文型も無視し放題の話し方を矯正しなくてはなりません。

「英会話タイムトライアル」で基礎から和文英訳ノック!

前置きが大変長くなりましたが、このブロークン癖を治すために良いラジオ番組を見つけました。
英会話タイムトライアル」です。
timetrial_feb

この番組は以前からたまにテキスト無しで流し聴きしており、「うんうん、わかる」なんて気分になっていました。ところが、今日初めて真面目にトライしてみたところ、聴けると言えるには大きな差があったのです。

内容は、日本語の1文聞いて、すぐに英語に訳して声に出すというもの。そうです、内容こそ初中級ですが、通訳案内士試験の通訳パートと同じ形式なのです。しかも、その後に続いて解答が流れるので、正しい答えを繰り返し練習しながら表現を身につけることができます。
(今日は「凝っている/はまっている、流行っている」の表現でした。)
timetrial_text
これだ!と思い、早速書店でテキストを購入してきました。定価432円(税込み)。

正しい英語を話すために、インプットをやり直す

英会話タイムトライアルは、大きく2つの内容で構成されています。

  • SPRタイムトライアル
  • 対話カラオケ

“SPR”タイムトライアルとは

まず、“SPR”は何の略称かと思いきや、なんと“瞬・発・力”だそうです。(英語番組なのに・・・。)
要は、出された質問に“とっさに”答えることが重要ということです。今日やったのはこのSPRでした。

出題された日本語文を、英語で表現する」「英語での問いかけに、英語で応答する」などいくつかの出題パターンがあります。

対話カラオケとは

場面設定にあわせて、講師との対話に挑戦するレッスンです。
まず、練習で役立つ表現を身につけて、本番の対話カラオケで英会話のシミュレーションに挑戦します。ちなみに今月のテーマは「ホームステイを楽しもう」です。

テキストをパラパラめくっていたら、「ホストマザーの愚痴に答える」とかありました。・・・大変実践的です。

毎日違う内容なので飽きずに続けられそうです。
毎日違う内容なので飽きずに続けられそうです。

巷では多くの英会話教材が販売されていますが、NHKラジオ&Eテレはとても質の高い番組を作ってくれているので活用したいです。きちんと取り組めば効果的と思える番組ばかりですので、あとは自分の取り組み方次第かと。

これで変な英語を治していきます!

「自分がどんな英語を話しているか」これにもっと早くフォーカスすべきでした。この「英会話タイムトライアル」はレベルA2。扱う英語は中学レベルです。つい「この程度ならできている」と思ってしまいがちでしたが、中学レベルの英語を使って“話す”ことは決してできていません。

自分に合った番組を探すのも楽しいです。
自分に合った番組を探すのも楽しいです。

果たして、おばかっぽいブロークンを卒業して、文法的に正しい英語が口から出てくる日がくるでしょうか。まずは1日10分、地道に続けたいと思います。

もし同じ悩みを抱えている方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度、番組を聴いてみてください。スピーキングが得意な方は、テキストなしでも問題ないと思います。



英会話タイムトライアル NHKラジオ第2放送

月曜〜金曜 午前8:30~8:40
再放送 月曜〜金曜 午後0:15~0:25 / 午後10:00~10:10
再放送 土曜(月〜金分)午前7:00~7:50
再放送 日曜(月〜金分)午後11:30~0:20
※放送時間は2015年2月現在。

Pocket